咲いて生きよ共に、想像以上の未来へ

V6と関ジャニ∞をこよなく愛するヲタクが、書き記すブログ。

私の大事な解答用紙


 

お久しぶりです。

二次試験(小論文&面接)の勉強中です。

あまりにもショックなことがあったので、ここに書きに来ました。

 

私は以前も言いましたように、〇会の通信教育を受けてます。

本日(2月16日)、必死に解いて提出した小論文講座の解答が返ってきました。

ワクワクしながら、ポストから出すと…


f:id:yuka_janny:20180216171606j:image

え、なんかヨレてない?


f:id:yuka_janny:20180216171654j:image

めっちゃシワシワやん…

 


f:id:yuka_janny:20180216171810j:image


f:id:yuka_janny:20180216171821j:image

待って、破けてる……

 

改めて、封筒を見ると「重要物在中」って書いてある。下の方には、Z〇さんがご丁寧に「丁寧に扱っていただけますようお願いいたします。」って書いてくれてる。

こんな、無意味なこと見たことねぇ…(笑)

いや、実際笑えないです。泣ける。

 

私の大事な解答用紙!!!!!

図書館にこもって、唸りながら完成させた解答用紙!!!!!

私の魂を込めた解答用紙!!!!!

 

あの、郵便局の方々にとってはただの紙切れだと思います。「重要物在中」って言葉も、守る義務は無いと聞きました。

けど、私にとって「志望大に受かりたい」という気持ちを込めたモノなんです。そんな大切なものをグシャグシャにされて、私の気持ちまでグシャグシャにされた気持ちです。

悲しくて悲しくて泣けてきます。

 

母が仕事中なので帰ってきたら、抗議するか相談します。

 

二次試験前なのに、ホント最悪。

V6の会報じゃないだけマシと思うべきか……

 

桜咲いた(仮)

 

センター1日目終わりました!

去年よりか、自信が漲った試験でした。

リスニングだけ自己採点したら、過去最低で死んでます…

筆記が良かったら影響ないんだけどな…あまり期待出来ない( ´・ω・` )

政経は行けたと思う!

国語はうーん。大丈夫なはず。慎重に選んだから。

 

そして看護学校の方は、合格してました!

とりあえず、看護師は目指せます!

いぇい

 

好きな人にLINEしたら、珍しく続いたので嬉しかったです。

きっといいことある。

 

生物が100点だとか(笑)

 

きっと、合格できる。

自分なら大丈夫。

この1年で、立派になったよ。

 

案ずるな、自分。

 

サクラサク

 

明日はセンター試験です!

会場が、市内でめっちゃ雪降る地域なので、足元に気をつけようと思います…。

 

実は、看護学校の結果発表も明日です…

学科試験は無事合格して、面接を受けました。試験官が副校長先生だったので、リラックスして挑めたと思います。

母が結果をメールしてくれるのですが、ちょっと緊張します(笑)

 

でも、頑張ろう。

 

この1年、この為だけに頑張ってきた。

もう、好きな人に「生物教えて!」って甘えられないのが寂しいけれど、いろんな意味で一歩進もうと思います。

あけまして

 

あけましておめでとうございます。

今年こそは受かるぞ!!って気合入れて英語やってます。英語苦手過ぎてちょっとサボってた…ごめんなさい…頑張るから…

 

 

年賀状を見てたら、私の中学時代唯一の恩師が「実は受験生です」って書いてて、元日の朝から変な声を出しました(笑)

たぶん、どっかの大学院を受けるんだと思うんですけど、何歳になっても勉強を続ける恩師がかっこよくて眩しくて…

私も負けないように頑張らなきゃと思いました。

 

中学時代いじめられていたのは前書きましたけれど、その後の嫌がらせにも悩みました。

モノを取られ、陰口を言われ、卒業まで続くんだろうかと思ってた時に、出会ったのが恩師でした。 

3年生になって、社会を担当してくれた先生で、世の中のことを沢山教えてくれました。いっつも私のことを「賢いね」って褒めてくれて、見守ってくれていました。

担任と微妙な距離感があったし、他の先生とも打ち解けられなかったので、私の良き相談相手になりました。

今でも恩師を慕うのは、この事が1番大きいと思います。

大人を、教師を、信じられなくなった私が、閉じようとした扉を開けてくれました。

 

最後に「また会える日を楽しみにしています」って書いてあって、泣かされましたね(笑)

何年経っても、私は恩師の教え子なんだって、ずっと見守ってくれてるんだって、思いました。

 

担任も心配してくれてるけど、やっぱりいじめの対応とか、ちょいちょい信じられないところがあるから、今だに距離感分からないです…(笑)

 

そんなこんなで、幸せな年明けでした。

明日は、看護学校の受験です。

A判定とB判定の間なので、合格出来るとは思う。

けれど気を抜かずに、全力で受験してきます。

ペーパーと面接頑張るぞーい!

 

自担の結婚について考える。

 

情報が確定したので、改めて書こうと思う。

私の気持ちが日毎にぶれていくから。

ここに、きちんと残す。

 

 

私は岡田氏の結婚には反対だった。理由は、かつて相手と「不倫した」と騒がれていたからだ。「オカダが不倫する訳ない」って思った。そうやって、ずっとずっと信じてた。きっと、映画の宣伝だろうと思ってた。何年もネタにされた。その度に「いやいや、どうせガセネタでしょ」そう思ってきた。だって、岡田准一は不倫するような男じゃない。私はずっとずっとずっと見てきた。アホほど真面目で、こちらが呆れてしまうくらい真面目で、世間で禁止されていることをするような人じゃないって分かってた。

今回、交際は2年と言われてる。けれど、結局はあの映画がきっかけなんだって、思った。「不倫略奪」なんていわれても仕方ないじゃないか。そう思う。否定できる証拠がなくて、久しぶりに仕事したのはあの映画だから。

 

結婚するって言われてから、ずっと夢見心地だ。「きっと夢で、目が覚めた時に『なんだ、嘘かよ』って思うんだろな」と、心のどこかで思ってる。

 

でも、手元にはちゃんと赤い封筒がある。

真面目な文章の、グリーティングカードがある。

でもやっぱり、辛い。だって、ずっとずっとずっと、信じてついてきたから。

 

結婚するってことよりも、相手にどうしても納得がいかない。どうせなら、一般人が良かったって思う。

 

私はずっと彼に、恋をし続けていたのかもしれない。関ジャニだなんだと言いながら、やっぱり彼が好きだったんだと思った。

私は彼のことが好きだから、大好きだから、時間をかけて納得したい。いつか、心から岡田氏に「おめでとう、幸せになって」って言いたい。

だから、日毎に、言い分が二転三転してもいいと思う。それも大切な「私」だから。抑えると、爆発して、彼のファンを出来なくなるから。

今、私に出来ることは、前と変わらず、V6を応援すること。CDを買って、DVDを買って、写真を買って、雑誌を買って、映画を見て、現場に行って………彼らの人気を支えることが、私の出来ること、やるべき事だと思う。

今まで、私が辛い時、死にたい時、助けてくれた人達だからこそ、支えていきたい。

 

私は、一生V6について行くって誓ったから、それを破ることは絶対に出来ない。

 

 

岡田准一くん。

私がアナタに落ちて、ちょうど7年経ちました。

7年前の私は、文字通り孤独でした。見知らぬ土地で、無理やり周りと合わせて生きていたけど、この時期にはガタが来ていました。一緒に登校してくれた子も、一緒に帰ってくれていた子も、話し相手になってくれた子も、みんな離れていきました。所詮よそ者だったのです。「卒業間際だから、仕方ない。私はいずれ、神戸に帰る」そんな強がりを言っていました。

そんな時、アナタに出会いました。

元々ジャニーズは好きではありませんでした。「チャラチャラしてて、傲慢」そう思い込んでいました。でも、アナタに変えてもらいました。

スタントマン無しで、アクションに取り組むアナタがとてもとてもカッコよかった。自分の立場を言い訳にせず、プロとして追求する姿が素敵でした。私は、ぞっこんでした。

その後、V6みんなが好きになりました。アナタが大好きなメンバーが大好きになった。孤独な私をずっと見守り支えてくれたのはV6のみんなです。ホントにありがとう。

みんながいたから、寂しくも辛くも無かった。平気だったんだと思う。いじめにあった時も、みんなが支えてくれた。「V6に会うまでは死ねない」そう思えた。

中3の時、短冊に「岡田准一に会いたい」って書いた。私を救ってくれた、アナタに会いたかった。その2年後、やっとアナタに会えた。本当に嬉しかった。

 

色んな時、V6が、アナタがそばに居た。例え、関ジャニに流れようとも、戻ってくるのはアナタのところだった。私の世界が広がったのは、全てアナタのおかげ。

そんな大切な人が幸せになることを、心からお祝いしたい。でも、出来ない。

こんな私にガッカリするだろうか。

でも、やっぱり、納得出来ない。ずっとずっとずっと、好きだったから。本気で、アナタのことを応援してるから。本気でファンをやってるから、言えない。

 

でも、言いたい気持ちはある。納得したいと思ってる。

私だって、彼女持ちの彼を好きになり、今待っている身だから、好きになる気持ちはとても分かる。だから、むしろ応援したい。

しかし、私は交際期間が決して被らないようにと、注意している。無理やり奪うような事も、もちろんしていない。ただ、「好きだよ」オーラを出して待っている。選ばれるのを待っているだけだ。

岡田くんはいったい、どちらなんだろう。

私のように待っていたのだろうか、はたまた報道が正しかったのだろうか。私にはそこが分からないから、納得出来ない。

もう少し、時間があいてからでもいい、本当の事を知りたい。

きっと、本当のことを知れたら、私は納得して「おめでとう」を言えるだろう。

 

でも、きっと言ってもらえない。

それなら、私に出来ることは限られてる。

今まで通りV6を応援し、彼よりも幸せになることだ。

赤い封筒の意味を受けとめて、私は前に進みたい。

世界一のツリー

 

岡田准一氏もボランティアで参加されてる、世界一のツリー企画(こんな名前でしたよね(笑))

 

神戸民なので、ツリー見てきましたよ。大きかったけど、展望台(ツリーの土台部分から見下ろせる)の値段がぼったくりだと思いました……1000円やったかな…とにかく高かった。

そして、オーナメント(キラキラの折り紙みたいなやつ500円)にお願いごと書いて来ました。マミーが「書いてこい!!」って言うので(笑)

大学合格と、風邪ひかないが書いてあったら私です。見つけてね(笑)

 

さて、様々なところで論争が起きてる、このツリーちゃんですが。

私も最初は腑に落ちませんでした。

「復興」って付ければ、生きた木を持ってきて切り刻んでもええっつーわけちゃうぞ???って思いました。ましてや、落ちこぼれの木だなんて…木に失礼だと思いました。

新聞に、あすなろの木を譲ってくれた方のインタビューが載ってたのですが、その方は間伐など森の手入れのこと木のことを考えてくれるなら嬉しいと仰ってました。

うん、それは分かるんだ。間伐しないと光合成が上手くいかないし、他の植物も育たない。余計、土壌が悪くなる。

 

でも、問題はそこじゃないって思います。

このツリー企画を、「復興」という錦の御旗を掲げて、綺麗事にしてるのが嫌なんです。

綺麗事という表現しか思い浮かばなかったんですけど。綺麗に丸っと収められるのが嫌なんです。

 

正直、復興ならルミナリエで間に合ってます。私は生まれてなかったから、ルミナリエが始まった時の感動は分からないけれど、色んな人が言ってました。「ルミナリエの光を見て感動した」って。

大好きな街が、家が、家族が、友達が、傷ついて亡くなって、先が見えなくて真っ暗な中、優しく暖かく照らしたのがルミナリエの光だったんだと思います。

ルミナリエに行くと分かりますが、見てる人みんなが幸せそうな顔してるんです。それはルミナリエが綺麗だから、だけじゃないんです。その光が優しくて暖かくて、何年も何十年も神戸の人達を励ましてくれたからです。

ルミナリエを観に行くと、不思議と心が綺麗になります。

昨年も今年も行きたかったんですが、受験生なので行けてません…悲しいです。

 

ツリーとルミナリエの違いが何か、上手く言えてないけれど。

1つ言えるのは、ツリーの企画をした方は、神戸の人達の心に土足でずかずか入ってしまったのです。

ルミナリエは見た人達が「復興の光だ」って自然に思ったけれど、ツリーは自分たちで「復興のシンボルです!」って言ってしまってるんです。あまりにも自己主張が激しいから、神戸民も見てる人達も「いや、なんでやねん」って思うんです。

 

私が、大好きな岡田氏が関わってても、納得出来なかったのはそこだと思います。

 

私の家族には、地震で亡くなった人はいません。でも、運が悪ければ、亡くなっていたと言われました。

生と死が紙一重だったあの日。それをネタにするのはやめてほしい。企画者は、人と防災未来センターで1度勉強して欲しいなと思ったりします…

ツリーは「間伐も大事やで!キャンペーン」みたいなのが、良かったんじゃないかと思います。

今さら言っても遅いですが…

 

もう、錦の御旗に震災を使わないでと思ってます。

「君は悪くない」

 

世の中には、「死ね」が挨拶がわりの方がいらっしゃるんですね。

私は、価値観が合わないので、絶対関われない方だと思います。

 

人って毎日刷り込まれると、自分の意思関係無く、無意識に思うんですよね。

 

どれだけ嫌いな相手でも、毎日「死ね」って言われたら、「自分って生きる価値ないな。死ななければいけないんだな」って思ってしまうんです。

潜在意識に刷り込まれて。

 

悲しいですよね。

それで、何人亡くなったんですかね。

私もその一人になりかけたんですけど。

 

いじめが終わってからも、自分は生きる価値がないって思ってました。

高校に入ってからもそう思ってた。

多分、生徒会長になってからも。

でもある時、大好きな人が私を救ってくれました。

その時もらった言葉は今も宝物です。

 

私は、数年がかりだったけど、助けてもらいました。

世の中には、ずっと助けを待つ人がいると思う。

その人に、ほんの一言かけて欲しい。誰か、身近な人が。

 

「君は悪くない」って言われるだけで、救われる命もあるんです。