咲いて生きよ共に、想像以上の未来へ

V6と関ジャニ∞をこよなく愛するヲタクが、書き記すブログ。

世界一のツリー

 

岡田准一氏もボランティアで参加されてる、世界一のツリー企画(こんな名前でしたよね(笑))

 

神戸民なので、ツリー見てきましたよ。大きかったけど、展望台(ツリーの土台部分から見下ろせる)の値段がぼったくりだと思いました……1000円やったかな…とにかく高かった。

そして、オーナメント(キラキラの折り紙みたいなやつ500円)にお願いごと書いて来ました。マミーが「書いてこい!!」って言うので(笑)

大学合格と、風邪ひかないが書いてあったら私です。見つけてね(笑)

 

さて、様々なところで論争が起きてる、このツリーちゃんですが。

私も最初は腑に落ちませんでした。

「復興」って付ければ、生きた木を持ってきて切り刻んでもええっつーわけちゃうぞ???って思いました。ましてや、落ちこぼれの木だなんて…木に失礼だと思いました。

新聞に、あすなろの木を譲ってくれた方のインタビューが載ってたのですが、その方は間伐など森の手入れのこと木のことを考えてくれるなら嬉しいと仰ってました。

うん、それは分かるんだ。間伐しないと光合成が上手くいかないし、他の植物も育たない。余計、土壌が悪くなる。

 

でも、問題はそこじゃないって思います。

このツリー企画を、「復興」という錦の御旗を掲げて、綺麗事にしてるのが嫌なんです。

綺麗事という表現しか思い浮かばなかったんですけど。綺麗に丸っと収められるのが嫌なんです。

 

正直、復興ならルミナリエで間に合ってます。私は生まれてなかったから、ルミナリエが始まった時の感動は分からないけれど、色んな人が言ってました。「ルミナリエの光を見て感動した」って。

大好きな街が、家が、家族が、友達が、傷ついて亡くなって、先が見えなくて真っ暗な中、優しく暖かく照らしたのがルミナリエの光だったんだと思います。

ルミナリエに行くと分かりますが、見てる人みんなが幸せそうな顔してるんです。それはルミナリエが綺麗だから、だけじゃないんです。その光が優しくて暖かくて、何年も何十年も神戸の人達を励ましてくれたからです。

ルミナリエを観に行くと、不思議と心が綺麗になります。

昨年も今年も行きたかったんですが、受験生なので行けてません…悲しいです。

 

ツリーとルミナリエの違いが何か、上手く言えてないけれど。

1つ言えるのは、ツリーの企画をした方は、神戸の人達の心に土足でずかずか入ってしまったのです。

ルミナリエは見た人達が「復興の光だ」って自然に思ったけれど、ツリーは自分たちで「復興のシンボルです!」って言ってしまってるんです。あまりにも自己主張が激しいから、神戸民も見てる人達も「いや、なんでやねん」って思うんです。

 

私が、大好きな岡田氏が関わってても、納得出来なかったのはそこだと思います。

 

私の家族には、地震で亡くなった人はいません。でも、運が悪ければ、亡くなっていたと言われました。

生と死が紙一重だったあの日。それをネタにするのはやめてほしい。企画者は、人と防災未来センターで1度勉強して欲しいなと思ったりします…

ツリーは「間伐も大事やで!キャンペーン」みたいなのが、良かったんじゃないかと思います。

今さら言っても遅いですが…

 

もう、錦の御旗に震災を使わないでと思ってます。

「君は悪くない」

 

世の中には、「死ね」が挨拶がわりの方がいらっしゃるんですね。

私は、価値観が合わないので、絶対関われない方だと思います。

 

人って毎日刷り込まれると、自分の意思関係無く、無意識に思うんですよね。

 

どれだけ嫌いな相手でも、毎日「死ね」って言われたら、「自分って生きる価値ないな。死ななければいけないんだな」って思ってしまうんです。

潜在意識に刷り込まれて。

 

悲しいですよね。

それで、何人亡くなったんですかね。

私もその一人になりかけたんですけど。

 

いじめが終わってからも、自分は生きる価値がないって思ってました。

高校に入ってからもそう思ってた。

多分、生徒会長になってからも。

でもある時、大好きな人が私を救ってくれました。

その時もらった言葉は今も宝物です。

 

私は、数年がかりだったけど、助けてもらいました。

世の中には、ずっと助けを待つ人がいると思う。

その人に、ほんの一言かけて欲しい。誰か、身近な人が。

 

「君は悪くない」って言われるだけで、救われる命もあるんです。

 

村上信五さんへ

村上さんの熱愛が出て、もう3日ほど経ちましたね。

私は何とか生きてます。

 

最初見た時「嘘だ」って思って流してました。でも、情報がどんどん出てくるうちに、「あれ、コレ本気のやつ?」って思って、ググりしました。

 

トップに出てきた見出しは、私の頭をグラグラさせました。

 

好きな人に「今年中に彼女の実家に挨拶しに行こう思うねん」って、言われた時並みの衝撃でした。

ちなみに、彼の結婚話は進んでなさそうです。

 

記事を読んだあと、私は「ジャニ勉での発言はどうなるんだろう」と思いました。

村上さんが「次撮られた人と結婚する」とおっしゃったことです。

 

私は、普通の熱愛なら「そっか、ひと回り違うんや。まぁ頑張ってな」と思ってました。

でも、結婚って、ちょっと違うんです。

村上さんが結婚するのは、私は寂しいです。

「まだもう少し待って」って思ってました。ずっと。

「村上くんと結婚するわ」って話題で、好きな人との事を何とか誤魔化してた私には、村上くんまでもどこか遠くに行ってしまう気がするんです。

 

自分勝手な、ホントにエゴしかなくて、ごめんなさい。

こんなヲタクでごめんなさい。

こんな村上担でごめんなさい。

好きな人いるくせに、他人に口出すんじゃねぇって思われても仕方ないです。

自分で自分を説教してます。

 

 

私にとって村上さんは、救いでした。

この浪人だって、村上さんの学歴コンプレックス発言で、頑張れてるんです。

「やっぱり学歴にコンプレックス持ってて当たり前だよね」って。

 

私とはちょっと違うけれど、村上さんのコンプレックス発言に救われたんです。

私は1年出遅れたことを、恥ずかしく思ってました。 もう半年も。

看護学校受けるけど、社会人はあっても浪人が受験って無いよねって。

でも、コンプレックスを受け止めて、努力しないとあかんなって思いました。

私が浪人を決めたのは、後悔したくなかったから。たった1回のセンター試験で、落ちてしまったことが悔しくて悔しくて堪らなかったから。

だから、私はこの道を選んだ。

その事を思い出させてくれました。

 

村上さんは私の光です。北斗七星です。

村上さんが居なかったら、私は暗闇で迷ってたでしょう。

でも、村上さんがそこで輝いてくれたから、私は自分の位置を知ることが出来て、暗闇から抜け出せました。

 

実は今、「今年こそ絶対受かるわ」って謎の自信に満ち溢れています。

根拠は無いです。

赤本解いてても目標点に及ばないことは沢山あるし、何なら数学がエグい点数に戻っちゃってます。

でも、「受かる」って思うんです。

「このまま頑張れば受かるわ」って。

村上さんが私に与え続けてくれた、前向きパワーのお陰です。

現実を受け止めて、前に進む。

村上さんが教えてくれました。

 

周りにいじられても、忙しくて大変でも、村上さんはいっつもニコニコしてる。いっつも、周りの人を笑わせてくれる。

ホントに素敵な人です。

 

不可抗力で、村上さんのアンチスレを見てしまったんですけど、「あぁ、村上さんの魅力が分からない残念な方々だな」と思いました。

私は村上さんを尊敬してます。大好きです。

カッコよくて、可愛くて、真っ直ぐな人で、人の意見を素直に聞けて、周りの人を楽しくさせる。

そんな村上さんが大好きです。

 

熱愛の事を、応援できるようになるには、もう少しかかりそうです。ごめんなさい。

でも、村上さんが大好きだから、きっと応援できます。根拠はないけど、自信はあります。

自信を持つって、引き寄せの法則的に良いらしいですね。

私も村上さんに頼らなくていいように、好きな人を引き寄せられるように、頑張ります。

 

熱愛の真相はどうであれ、村上さんの幸せを願ってます。

 

マシなイジメ

 

今日は弟の文化祭を観に行っていた。

ワガママ坊ちゃんもやっと部活を引退なさった。

ひまわりの約束でソロを吹いてたんだけど、カッコよかったと思う。

おじさんのクセに。

 

 

 

体育館入場の列に並んでる時、私の元担任の話になった。

 

 

以前言ったかもしれないけれど、私は中学2年生の時イジメに遭っていた。

そのせいかどうかは分からないけど、3年間同じ担任だった。

 

大阪から戻ってきた中学1年の12月、担任と初めて会ったとき、とてもビビったのを覚えている。

この担任、とてつもなくヤーさん顔なのだ。苗字もそんな感じ…(笑)

でも、とてもいい先生だった。

 

と思う。

 

 

なぜこんな曖昧な表現かと言うと、今日母から驚く話を聞いたからだ。

 

私が何とかイジメを乗り越え、嫌々ながらも部活をしていた時期。

実は、嫌がらせを受けていた。

相手は、同じパートで同じ苗字のM子(仮)だった。

イジメの主犯格でもあるM子は、まぁ驚くほど、ワガママ。親もくせ者だったらしい。

感情的になると瞬きしながら白目になっていたのをよく覚えている。なんか怖かったからだ。

 

前みたいに、悪口を言ってみたり無視してみたり、ちょっと八つ当たりしてみたり。私にしかハッキリと分からない、地味な嫌がらせをしてきた。

最終的にはシャーペンをパチられてた事もある。

話が長くなるので簡単に話してしまうけれど、体育でランニングする前にペンを隅の方に置いていたら、そのまま持って行かれた。後日「落ちてたよォ」とか言いながら返してきたけど、ある子が「私が言ったことを内緒にしてて欲しい」と前置きしつつ、そうやってパチった事を教えてくれた。

普段は天使の私でも、天罰くだれと思った。(^ω^)

 

たった数ヶ月前、コイツ(と言うのは口が悪いかもしれないけど)に「死ね」「消えろ」と言われていた私である。

ここまでされると、なかなか心にくる。

 

しかし、我が担任はこう言ったのだ。

「僕の奥さんも昔、凄いイジメに遭ってたんですけど、これはまだマシな方です」と。

 

 

実は私、今日までこのことを忘れていたのだ。

母に言われて思い出したのだ。

私にとって辛い言葉だったから、いつの間にか記憶から抹殺されていた。

卒業して、志望校にも何とか合格して楽しかったから、担任のことを勝手に美化していた。

今日の朝まで。

だから余計に、担任がいい先生だったのか分からなくなった。

 

もう、ステージの部が始まる前から、ずっと悩んでる。今も悩んでる。

私は弱っちかったのかと。

イジメの一件で、周りが見て見ぬ振りしていたことも判明した。

もれなく人間不信気味になった私は、「はァ嫌がらせされてますわァアハハァ!」と言わなければならなかったのだろうか。

 

 

そもそも、マシなイジメってあるのだろうか。

確かにM子と私の問題は、「いじめ」と言いづらくて「嫌がらせ」と言っているものの、本質は同じではないのか。

むしろ、言葉の暴力や、物証が得られない嫌がらせの方が、悪質では無いだろうか…。

 

私が、とてもとても傷ついたことは、ただ単に「心が弱いだけ」だったのだろうか。

私よりも辛い人がいるからって、歯を食いしばって我慢すべきだったのだろうか…。

 

 

今なら、そこまで辛いとは思わない。

だって、信頼出来る友達も、大人もいるから。

「助けて」って言える人がいるから。

あの頃の自分には、素の自分を見せられて心から頼れる人は居なかった。

誰に泣きついていいか分からない14歳に、そんな酷な事は言えない。

 

 

その頃は自分の思いを上手く伝えられなかったので、担任も私が助けを求めてる根本的な理由は分からなかったのだと思う。

私はただ、素の自分を受け止めて欲しかった。「辛い」と弱音を吐く相手が欲しかった。

きっと相手がいたら、私は普通に立ち向かっていただろう。

 

 

嫌々ながら3年生に進級した時、後に「師匠」と呼ぶ先生に出会った。

担当の学年は違ったが、授業を持ってくれた先生だった。

師匠のおかげで、私は勉強に対する価値観が変わった。

今アホほど生物にハマって勉強しているのも、師匠が種を蒔いてくれたお陰である。

師匠は私の心の拠り所で、それは今も変わらない。

師匠と出会わなければ、卒業まで持ってなかっただろう。

 

 

博士(某好きな人)も、大切な人である。

私を理解し、味方でいてくれる。

でも、師匠は何も言わなくても、私の気持ちを察してくれる人だ。

だから、ホントに辛くて身動き取れない時は師匠に連絡をする。とても愛情たっぷりで返してくれる。

神様だ。

 

 

 

話が随分逸れてしまったけれど、今日はイジメの概念について考える1日だった。

今度博士に会うから、純粋にぶつけてみようと思う。

概念ってなんだろうと。

 

イジメにマシはあるのだろうか。

大河ドラマと私

 

錦戸亮ちゃん、大河ドラマ初出演おめでとうございます。゚(゚^ω^゚)゚。

嬉しすぎて、会見観ながら涙が……

今年は特に涙腺緩くて、すみません(笑)

 

Twitter観てたら、「ジャニーズ史上、1番タイムスリップしてる」とか言ってるエイターさんいたんですけど、それは間違いです。

ダントツで、

             岡田准一です。

もうリストアップするのも面倒なくらい何度もタイムスリップしてます。

もはや、現代にいません。

この間、追憶でちょっと帰ってきただけです。

この事実って意外と知られてないんですね……

布教頑張ろ……

 

まさか亮ちゃんが出るとは思わなくて、ホントに嬉しかったです。

(幕末とか苦手だから観ないつもりだった)

だって普通のドラマと違って、ホントに演技力がないと出られないじゃないですか。

普通の連ドラなら「錦戸なら、イケメンだし知名度あるし、役のイメージにも合うし。まぁ行けんじゃね?ジャニーズだもんね」ってノリで決まることってあると思うんですよね。

(イメージだけど)

でも、大河ではそれだけでは出られない。

知名度が無くても演技が出来れば出れるし、演技力が無くてイメージを壊せば歴ヲタが「舐めてんのか!」ってめっちゃ怒るし(笑)

なかなか難しい世の中ですよね。

しかも規模が違うし。

今回はキャストもめっちゃ豪華なので、予算バカスカ降りてますよ…

(予測です(笑))

 

実は、大河ドラマに私的ジンクスがあるんです。

それは、「好きな人(自担たち)が大河ドラマに出演する年は合格する」です。

高校受験があった年は、岡田が軍師官兵衛に出演しました。無事合格。

今年は誰も出なくて、不合格(∵)

来年は、亮ちゃんが出るのできっと合格するだろなぁって思ってます(笑)

まぁ、たまたま受験と大河が被ってるのもあるんですけど(笑)

でも、その度に好きな人(しかもメンバーカラー黄色の方々)が、出演だなんて偶然ですか?

いや、必然だ!!!

そう信じた方がみんなハッピー☆彡.。

 

てなことで、お勉強頑張ってます。

問題やってると、目標点までバチーンと点数出せるのに、次の日にはまたいつもの点に戻ってて(´;ω;`)

安定しない日々ですわ…

バイトが終われば、明日の心配せずに勉強出来るよなぁ…(´-`)

偏差値と人間性

 

そろそろ、星野源さんのコンサート行った感想を書きたいけど、面倒くさくて書けてない('ω')

そのうち書きます。

(実は千秋楽行きました。ありがとうございます。)

 

今回は、

偏差値と人間性

について語ります。

 

 

夕方のニュース観てたら、高校1年生が先生を蹴り飛ばしててビックリしたので、その事について書きます。

 

先生大好きっ子(一部の教師を除きまくる)が、偉そうに語ります!(笑)

 

 

ネット上には、高校名も、暴行を加えた生徒の名前も載ってるらしいっすけど。

私が把握したのは高校名のみ。

 

ま、とりあえず、偏差値ググるよね。

まぁ、幅が広いよね偏差値のね。

特進クラスの偏差値は私が出た高校と変わんなかったです。

まぁ、私の高校は総合学科なので、ほんっとに、人それぞれ偏差値にバラツキがあるんですけどね。

 

だから、偏差値低いから行動も幼稚だとは言えないと思います。

私も馬鹿だけど、本は死ぬほど読んでるので、要らぬ知識は沢山あるのです(^ω^)

でも、動画を見る限り「馬鹿というか、幼稚というか、人生舐めすぎピーポー?」と思いました。

親はどんな躾をしたのですか…

 

私の母は動画を観て「私が親なら、同じ目に合わしたる。先生に向かって土下座させるわ」と言ってました。

ま、親ならそうだよね、と返しました。

今回は、注意されて逆ギレ→暴行なので、質が悪いにも程があると思う。

 

しかも、新米の先生に対してでしょ?

それが1番許せなかった。

私の中で。

「博士」(前の記事参照)と出会った時、彼は新米教師でした。

当たり前ながら、授業は下手くそ。

意味がよく分かんないし、無駄に空回り。

そこが寒くて、私は好きくなかった(笑)

でも、少しずつ仲良くなっていくうちに、とても努力をしていることを知った。

「そうだよね頑張ってるんだよね」と思ううちに、尊敬する人になった。

 

でも、周りは賛否両論。

どっちかっていうと、「あいつマジでウザイw」とかアンチが多かったかなぁ。

だから、常々「お前らに何がわかるんじゃオルルルルァァ」って思ってた(笑)

私にとって、博士はめっちゃ可愛いので。

亮ちゃん並に激甘モンペ貫いてる('ω')

 

普段は弱音を全く見せず、全く怒らず、ニコニコしている彼だけど、1度だけ私と友達の前で本音を言ったことがある。

今年の初めくらいだったと思う。

授業が終わりに近づいて、自習の時間も多くなった頃だった。

博士が「〇〇たち(授業妨害しまくりの迷惑野郎ども)が何度注意しても聞かへんねん。みんなも迷惑しとるし、試験近づいてるし…なんであんなんするか、良く分からへん。」と、会話途中にポロッとこぼした。

私と友達は慌てて言った「先生は悪ないねん!あいつらが悪いねん!もう、ほかの授業も妨害してるしな!全てに舐めてかかってるだけやから!気にせんでええねん!ほっとき!!!」と。

そしたら、博士は「そうやんなぁ」とちょっぴり嬉しそうに笑ってくれた。

 

博士と親しければ、いい所もよく分かってて、どれだけ頑張っててどれだけ真剣に私たちを思ってるか理解出来るんだけど、アンチは永遠アンチだなぁと思った。

彼もアンチの存在に気づいてたと思う。

 

たまに自分で自分を卑下するから、それもそれで問題だと思う(笑)

 

私たちの高校には蹴るような奴はいなかったけど、先生を馬鹿にしてるという意味で、同等の事をしてる奴はいたので、人事に思えなくて悲しかったです。

先生のお気持ちを考えると、「こんなはずじゃなかったのに」って思ってるだろなぁと。

博士にはそんな思いして欲しくないと思うし、そんな生徒は即退学でもいいと思う。…

厳しいようだけど、暴行は立派な犯罪で捕まるんだから。

特に、高校は義務教育じゃないんだから。

やる気ないなら辞めたらいい。

先生を傷つけないでほしい。

 

 

さて、テーマに戻ろう。

偏差値と人間性って結びつかない。

頭良くても、アホなことして捕まるやつはいる。

頭悪くても、凄いことをする人はいる。

 

だけどやっぱり、行動が幼稚な人って、心の偏差値が低いなって思う。

心の偏差値を上げるには、自分を律し、自分の言動を省みることが必要だと思います。

自己のコントロールが出来ないうちは、偏差値低いままだし子供です。

 

今回のことで、博士の事を心配する気になったのでそろそろ会いに行こうかと思います(笑)

 

不思議な出会いと、行く末。

 

早く寝すぎて、寝付けなくなってしまった、夜中の3時。

何となく、ある人のことを考えていた。

 

ある人とは、私が恋焦がれる相手である。

 

言ったことあると思うけど、私が好きな人はちょっと特殊である。

身バレを防ぐためにあんまり情報をおつたえできないけれど、さかなクン中山優馬の間を取ったような顔をしてる人で、「先生」と呼ばれるお仕事をしている。

同僚の先生が「博士」と言うくらい知識が豊富だが、「ただし生物学に限る」。

せっかくなので、呼び名も「博士」にしようと思う。

 

たった半年前まで、私は博士の周りをウロチョロしてた。

たった半年経つと、私は博士と連絡を取るのが面倒になっていた。

現在進行形でめんどくさい!

自分から勉強時間を報告しながら、報告を忘れるというクズっぷりがヤバイ。

 

そんなことを考える夜中の3時は、悲しすぎて余計寝れない。

 

「いやー申し訳ないよ?でもね、正直、向こうも面倒とか思ってんちゃうのん?無理やり付き合ってたんちゃう?」

という、合いの手が入るから、ますます連絡を取らなくなってる。

ちなみに、LINEを交換してる。

 

ここまで冷めたら潮時かな…と、友人には正直に言ってる。

でも、まだ自分の立ち位置を決めることが出来ていない。

たぶん、会えば今までの寂しさとかがブワーと出てくると思う。

たぶん。

会いに行くのも面倒で行ってないけど。

 

実は、私と博士は出会う数年前に、別の地で1度会っている(かもしれない)のだ。

私は親の都合で慣れ親しんだ街(A市)から、見ず知らずのB市に引っ越した。同時期に、博士は大学があるB市に住んでいた。

1年住んだ後、両親が離婚したため私はA市へ戻った。彼も、大学院卒業と共に実家があるA市に戻った。

博士はサークルでB市のお祭りに毎年参加していたらしく、私もそのお祭りは絶対行っていた。

もしかしたら、すれ違っていたかも……と言うか、祭りの規模が小さすぎるから、絶対会ってるという結論に至った。(2人とも)

 

誰か映画1本作ってくれ!

自分で本でも書くか?!('ω')

 

冗談はさておき。

きっと、切っても切れない何かがあるんだと思う。

 

だから今さら、潮時とか言ってる場合じゃないのかもしれない。

 

そんなことを考えてると新聞配達の時間になってしまった。

 

博士との事を考えると、人との出会いはよく分からないなぁと思う。

特に、同じような恋をしているJKを見ると、彼との出会いは不思議だなぁと思う。

 

ちょっと誰かにこの気持ちを聞いて欲しかっただけで、答えが欲しいわけじゃない。

 

ただ、彼との不思議な話を、バカにせずに聞いて欲しかっただけなんだ。

 

このまま寝れない時間を使って小説でも書くか!!と思ったけどいい感じに眠たい夜中の3時半。