咲いて生きよ共に、想像以上の未来へ

V6と関ジャニ∞をこよなく愛するヲタクが、書き記すブログ。

関係無いけど、言わせてくれ!

 

V6と関ジャニの違いはチマチマ書いてます!

表現とか気にしたら時間かかって仕方ない…(笑)

今日はある書き込みが気になって気になって、なんか言いたくなったので言ってやろうと思います。

ジャニーズ要素全くなくて申し訳ないです。

 

私と受験と貧困と

 

前、ちらっと述べたように私は一浪生です。

予備校は行ってません。

と言うか、行けないんです。

母子家庭で余裕がなくて、現役の時から行ってません。代わりに、通信教育を受けてます。(現役はベ〇ッセ、今は〇会)

 

バイトをしながら勉強してるんですけど、受験関連の費用(参考書代や〇会の受講費から募集要項の取り寄せ、いずれは受験料まで)をバイト代で賄ってます。それに加え、お小遣いもそこから出してます。

バイト代は1ヶ月あたり、6~7万の間程です。最近、シフトを変えたので、来月は4~5万程の予測です。

物欲が無く、あったとしても本代、つまり勉強費に消えてく私なので、毎月のやり繰りは出来ています。(黒字で回ってます!)

しかし塾に通うとなると、1ヶ月のバイト代が丸々飛ぶので自分で受験料を賄うことは出来ません。

某ファストフード店で働いているので、問題集開いて勉強してる浪人生らしき人を見ると、「自分も勉強したいな。なんでこんな所でこんなことしてるんだろ」と自己嫌悪に陥って、最終的には「なんで落ちたんや」まで行き着きます。

 

こんなこと言うと「努力しなかったから」と言われますが、それは否定します。

私が受験を意識して勉強し始めたのは2年生の頃からです。勉強の楽しさに目覚めて、大好きな先生に「勉強どうしたらいい?」と毎日のように訊いてました。(それを真面目に聞いてくれた先生には頭上がりません)生徒会長になり仕事をしながらも、数多くの補習に参加し成績は何とか上の方にしがみついてました。

私の学校は偏差値50弱なのですが、総合学科という特殊な学校なので言わば仕方の無いことだと言われています。(総合学科の特性はググって頂ければわかると思います)

その事もあってか、有名私立大を受ける子や国公立大を受ける子は、みんな塾に行っていました。

そんな中で塾には行かず、自学と補習だけで

やり繰りしている奴が進学担当の先生に「国公立に行く学力ある」とお墨付きまで頂きました。落ちた大学も3年の夏頃に1度C判定付いてました。

後はずっとDだったけど(;_;)

 

センターは主要3教科でずっこけてしまい、理科と社会は目標に届くという、訳の分からない点数配分でした。

二次試験は面接と小論文。周りから見れば負け戦だったかもしれない。けれど、私は全力でやりました。答辞も考えないと行けなくて、辛かった。

二次試験前日に主任が「答辞の練習しよ」とか言い出した時はさすがに荒れたなぁ(笑)

答辞担当の先生と私は、二次試験が終わってからでも間に合うからそれから練習しようと言ってたんです。それが詰め込みたい前日に言うもんだから…精神的にも追い詰められてる日だったので、泣いて荒れて大変だったと思います(^ω^)

その後に大好きな先生と面接練習だったのですが、私の受け答えがおかしいんですよね。泣いて荒れた後だし(笑)「何があったん?」と事情聴取されて全て話すと、「明日に影響あるとアカン」って必死に慰めてくれました。(やっぱり頭上がりません)

前期日程落ちた後は、卒業したはずの教室に1人籠り勉強していました。これが人生で1番辛かったです。浪人決まるよりも辛かった(笑)それでも、大好きな先生がずっと励ましてくれました。忙しいのに、必死に支えてくれたことに感謝しています。

 

そんなこんなで今も受験生をするハメになりました。まぁ、3教科転けた時点で終わってますね(白目)

次も同じ学校を受けます。リベンジです。

私が嫌なバイトしながら宅浪を頑張るのは、「確かに浪人したけど、今まで塾も行かずに自力で勉強出来た」という証拠が欲しいからです。

通信教育なんて自己管理出来てなかったら、タダの紙くずになります。それを意味のあるものにするためには自分を律する力が必要で、自分を律せる人が立派な大人立派な看護師になれると思ってます。

この1年を乗り越えたら、きっと強い自分になれる。そう信じて毎日をこなしています。

 

そんな日々の中で、やはり経済格差だなぁとか思うことは沢山あります。

「母子家庭でも国公立行ってる」とか言われてますが、そんな問題じゃない。塾行って勉強したくても出来ない、それが事実なんです。

私の弟は限りなくバカなので、高校も私立に行くかも知れません。そのため、自分の受験料は自分で払わないといけない。

親にも「馬鹿な弟に使ってくれ」と伝えてます。浪人を認めてくれた母に唯一出来ることなので。

 

これからも大変だと思うけど、貧しい事を理由にいじけたり僻んだりはしたくありません。

「独学で頑張ったんやで」と胸張って言えるようにあと半年ほどを乗り越えるつもりです。

ただ一つ言うとすれば、何の苦労もしてないのに偉そうに「支援があるじゃないか」とか「努力が足りない」とか言わないでほしい。

私がここまで来るのにも、たくさん泣いた日があるんです。たくさん傷ついて、その度に耐えて乗り越えてきたんです。

その人の苦労はその人にしか分からないと思います。