咲いて生きよ共に、想像以上の未来へ

V6と関ジャニ∞をこよなく愛するヲタクが、書き記すブログ。

V6と関ジャニ∞

 

私がジャニヲタになったのは、V6がきっかけです。

カッコよくて歌もダンスも上手いオジサマ方に、ゾッコンでした。

エイトに興味を持ったのは、友達がeighterだったことと、横ちゃんが天地明察に出たことです。

そんなVクラeighterの私が、恐れ多くもV6と関ジャニ∞の違いを述べたいと思います!

 

 

 

共通点

まずは共通点から。

1、お笑いができる

V6はあの有名な「学校へ行こう!」をやる前から、「V6のお笑い病棟」など様々な番組でコントなどの企画にチャレンジしてきました。どの番組も面白い。お笑い病棟は特にお気に入りです。たまにTwitterとかで見かけるので、見たことがない方は観てみてください!

関ジャニは現在進行系でクロニクルをやっていますね。クロニクルは関西では観れないので、流れてきた動画を観てるんですけど…

初めて見た時に、V6みたいだなーと思いました。ミッションV6のように、メンバーのワチャワチャが観れるので。

関ジャニもV6も人を笑わせることが得意な、素敵なグループだと思います。

 

2、一般の方を上手く調理できる

 学校へ行こう!しかり、クロニクルしかり、一般の方にお話を伺う事が多いです。

芸能人の方がお話のネタを持っているのは仕事柄でしょうし、それを上手く伝えられるのもプロの成す技だと思います。しかし私達一般人は、どんな話をすれば面白いのか、どうすればそれが伝わるのか、イマイチよく分かりません。

たまにありますよね…「え、その話面白くない…」って思うこと。実は私は高校の時、がっつりインタビューを受けたことがあります。同級生がドラフトに選ばれたので、野球部の先生(メチャ怖い人)直々に「生徒会長やってるから喋れるやろ」的な理由で抜擢されました。接点は授業が被ってるくらいしか無かったのに(笑)やっぱり難しかったですね…アナウンサーの方がお話を聞いてくださったのですが、もう使われないこと分かってた私。結局、使われてましたけど!

そんな経験から、一般人のインタビューを面白くできる彼らは天才だと思います!

私もインタビューされてぇな!

 

3、司会がうまい人がいる

 これは、井ノ原さんと村上くんですね。MCでは不思議と主導権を握るお2人。いつから、この2人が主導権握ってるんだろ?って思いませんか?私は不思議で仕方ないんですけど(笑)

司会が上手いというのも、一つの才能です。生徒会長をやってたこともあり、私が司会をすることが沢山ありました。最初はホントに難しくて、向いてないな…って凹んだ日もありました(笑)場数踏めば上達出来るんですけどね。オープンハイスクールで「生徒会長の挨拶が面白かった」とアンケートに中学生が書いてくれたこともあったな(遠い目)

でも、井ノ原さんと村上くんの足元にも及びません。あんな面白く場を回すことなんて!出来っこねぇよ!

いつか、あんな面白い司会が出来る、面白い

女になりたいな…

(方向性を見失いました( ´・ω・` ))

 

4、演技派がいる

岡田准一錦戸亮ちゃんですね!ていうか、担当カラーが一緒だなこの人たち…

さていきなりですが、お2人の演技力を10設定にします。オカダの場合、獲得性演技力は7ですが、亮ちゃんの場合、自然性演技力が7なのです。

つまり、オカダは努力で演技力を得ましたが、亮ちゃんは生まれ持って演技力があるのです。

もちろん、アカデミー俳優であるジュンイチオカダには、まだまだ勝てないと思います。

でも、アカデミーを目指す力を亮ちゃんは持ってる(と私は信じている)んです!

ラスト・フレンズであれだけ悪い役出来たんだから、演技派なんだと思うよ??

亮ちゃんにはこれからも頑張って頂きたいですね…目指せアカデミー…

 

5、生まれ持って天才がいる

 剛くんとすばるくんでしょ!アァ天才。

2人とも表現力がえげつない!

言葉ではなく、仕草や表情だけで、感情をバシバシ伝えられる。私もそんな表現力欲しい…(笑)

あと、2人とも、細いですよね。剛くんなんて1日1食とか言ってるし。それも羨ましかったり…(笑)

まぁ、お2人とも天才ではありますけど、努力家でもありますよね。剛くんは「身長を理由にセンターに行きたくない」ってダンスを特訓したし、すばるくんも沢山悩みながら音楽と

ひたむきに向き合ってきたし。

「そんなん、みんなやん!」って思うかもしれないけど、天才には天才の悩みがあり孤高なんだと思います。

 

6、暗黒時代がある

言い方がこれで良いのかとは思いますが、あえてこの言い方にさせて頂きます。

V6も関ジャニもデビュー前から苦労があり、その後もフワフワと漂う期間がありました。

デビュー時の話。

V6の場合(と言うかトニセンですが)、「デビュー出来るか分からなかったし、1年で終わると思ってた」

やっとジュニアと言うかシニアになってしまってたトニセンさん。先が見えない不安や焦りは半端なものではなかったと思います。

今の私なら分かります。普通に生活してて発狂しそうになります('ω')それぐらい辛いです。

そんな中デビューは出来たけれど、バレーボールのキャラクターだったのでみんな「1年ぐらいだろ…」って思ってたんですね!少年オカダなんて学校の先生になるつもりだったんでしょ…それも素敵ですけどね。

エイトさんは裏地も付いてない衣装を着て「ハぁエンヤコラセぇのドッコイセぇ」って歌ってるし…泣ける話やな…亮ちゃん先にデビューしてしまったから、もうアカンかなって思ったこともあっただろうに…大きくなったね(;  ;)

デビューしてからも苦労は続き…

V6は学校へ行こう!が終わってからバタバタと全国レギュラーが終わってしまいました。それぐらいから個人のお仕事が増えたのかな、という印象です。レギュラーが姿を消すのは怖いですね。売上も低迷するし、若い子からは「V6は解散した」扱いされるんだもん。(私言われたことあります(´;ω;`))

ファンの方々は不安だったと思いますが、今思えば暗黒時代も必要だったのかなーと思います。

エイトさんは燻ってる時間が長かったな、と思います。私がファンになったのはブレイクする少し前なのですが、周りの認知度が全く違いました。ファンになりたては「丸山くんと横山くんの見分けがつかない」という感じでしたが、今は「私は○○くんが好きや」と言われます。

私の母が「丸ちゃん」って呼び始めた時は、ここまで認知されたか!と思って嬉しかったです(笑)

 

 

 

 

相違点

次は1番のポイント、相違点(V6視点)です。

1、バンドはしない

 V6はアクロバット集団ですからね!まぁ、ギター弾いたりはしてますけど。

昔、カミセンがバンド挑戦してましたねぇ。「カリカリブチブチカリカリブチブチ…牛乳飲めよ!」ってセリフが印象に残ってます。(もはや、そこしか覚えてない)

昌行さんがドラム出来ると聞いた気がするけど…ホントかな(笑)

 

2、ダンスが揃ってる

剛くんだったかな「V6はダンスが揃ってない」的なこと言ってて、おったまげました(笑)揃ってるよ!揃いすぎて気持ち悪いよ!

関ジャニは揃う前に、間違えるという…(笑)それも愛嬌と言ってしまったら…うーん。もうちょっと突き詰めてほしいなぁと思うところでもあります。悪くは無い。でも、アイドルとして頑張るならば、ダンスも極めて行ってほしいなと思います。

バンドからじゃなくて、アイドルとしての彼らを好きになった人もいるんだから。

 

3、ピッチ(音程)を外さない

高校では吹奏楽部とはおさらばして、ボランティアばっかり参加してた私ですが、耳は衰えてないらしくて楽譜を見なくてもどの楽器が音程悪いか分かります。つまり、歌でも一緒で「あ、この人音外してる」とか「半音高いよ」とか分かってしまうんですね。

どんなにいい曲でも小さな「ワワワワー」って言う不快な音に気を取られてしまうし、「音程外してるやん!」ってめっちゃ言いたくなるし(笑)

めんどくさいファンでごめん!!!

でも、V6は音を外さないんですよねー珍しく「音程おかしいな?」って思うと、だいたいイヤモニの調子が悪いみたいですね。ま、この事は、関ジュ担の子に言われて気づいたんですよね。ヲタクにしたら潜在意識に刷り込まれてるから分からないですわ(笑)

関ジャニさんは、歌詞を間違えないように頑張って下さい…歌詞は大事…(笑)

 

ファン編

ファンにも違いがありました。

良いことも悪いことも…

1、グッズが若い

「ボディーシール??どこに付けたらオシャレなん??」と、トイレで戸惑いながらティッシュを濡らしてました(笑)

あと、グッズTシャツ着てるのもビックリ!

デザインにもよると思いますが、V6はあんまり着てません。ひ〇パーの園長がいるので、パーカー着てる人がちらっといるくらいですかね。コスプレも無いなぁ…

デートする服装ですね。全体的に

 

2、ヒールや花冠率高すぎる

若いおねぇ様に多かったのですが、ヒール+花冠が目立ちましたね。ビックリしました。

特にアリーナだと後ろの人の迷惑になるのでやめましょうね…

V6は小さい子供からお年寄りまでファンがいるんですけど、花冠を見たのはJK2人組だけでしたね。見た中ではヒールはいなかったと思う。

三宅の健ちゃんがファンのマナーについて(むしろ女子力について)、ビシバシ言ってくれる人なので周りを気遣える人が多いのかなと思います。

エイターさんも素敵な方沢山いるのに、残念だと思いました…

 

3、曲の合間に“フゥーッ”

 V6は拍手ですよね。だから、びっくりした!

「え、フゥーッ????」って思いながら「フーッッ!」って言ってる私(笑)

いや、楽しい合いの手ですよね(?)

 

4、エイトコールに手拍子入ってない

 コンサート開始前にエイトコールをするように、V6も「ブイシッ!ブイシッ!」って言ってます。正しく言うと、「ブイシッ!(チャチャチャ)ブイシッ!(チャチャチャ)」ですね。

バレーボール出身らしいよね!って思います(笑)

 

5、アンコールも“エイト”

 アンコールもエイトコールなんですね!またまたビックリ。

V6は「もう1回」じゃなかったかな?

元気よく言ってたらメンバーが嬉しそうに「何て???」って出てきます。可愛いです。

アンコールの出方って可愛いですよね。

可愛い…

 

6、年齢層

関ジャニは年齢が若いですよね。ピチピチのお姉ちゃんばかりで私は怖かったです(笑)

V6は子供からお年寄りまで幅広いから、どこか安定感があって会場入る時もビクビクしなかったけど(笑)

私にもピチピチの若さが欲しい!(;_;)

 

 

ざっと上げるとこんな感じです!

書くぞ!と決めてから何ヶ月も経ちすぎて(笑)ズボラがバレました(^ω^)

 

 ただ一つ、言うと。

eighterの一部ですが、周りを気づかえない方がいます。(言い方キツイけど、他に適切な表現が見つからないのでこのままで。)

友達が電車から降りる時、後ろから来たeighterに体当たりされてました。

私は微妙に背が高い部類の人間なので、体当たりされなかったのですが、少し小柄な友達はドーンと体当たりされてました。

エスカレーター乗ってる時も後ろからズカズカ進んできたり…となかなか怖かったです(;^ω^)

eighterとしてよりも、人として、大人として、恥ずかしくない行動をして欲しいと思います。

自担の前で出来ない行動は取らないで欲しいな。

 

もちろん、Vクラでもあると思います。

この前のコンサートでも大荒れだったし。

いつ、どんな人のコンサートでも、ジャニーズじゃなくても、好きな人を悲しませる行動はするべきではない、と私は思います。

 

ジャニヲタとして、Vクラとして、eighterとして、1人の人間として、恥ずかしくない行動をしなければいけないと、自分に言い聞かせてます。

 

最後は真面目になってしまった(^ω^)