咲いて生きよ共に、想像以上の未来へ

V6と関ジャニ∞をこよなく愛するヲタクが、書き記すブログ。

「好き」と言えなかった自分をしばきたい

巷で、村上くんを笑われたというお話が広まってますね。

ちらっとコメントさせていただきましたけども…

私も便乗させていただいて、中学時代のお話をしようと思います。

 

V6を好きになった理由

私がV6を好きになったのは、小学6年生でした。SPの映画にオカダ氏が出ていたことがきっかけです。

 私の母がSP大好きだったので、「今度映画あるから行こう」と言われました。実はアンチジャニーズだったのですが、アクションシーンを全て自分でやっていた「岡田准一」に興味を持ち、一緒に観に行くことにしました。

結果、どハマりしました。

岡田准一はカッコイイし、V6は歌うまいし、あの映画だけで沼の底の方まで落ちました(笑)

後々気づいたのですが、私は小さい頃からV6に囲まれて育ちました。

まず、ターザンを死ぬほど観てたことです。風邪など体調不良で学校を休むと、毎回ターザンを観てました。スマホ育児ならぬ、ターザン育児的な。母が雑用をしたい時にターザンを観せられて、そのまま寝落ちみたいなパターンでした。幼い頃からマーサ坂本の歌声を聴いていたんですよね。だから、昌行さんの歌声に弱いんだと思います。(笑)

次に、学校へ行こう!を観てたことです。しかも、出てる人がジャニーズと知らずに…V6なんて知らなかったんですよ。だって、私世代でブームだったの嵐だし!SMAPTOKIOは辛うじて知ってましたけど…「面白くて、カッコイイお兄ちゃん」って思ってたんですけど、いつの間にかガコイコ終わってしまって。寂しかったのをよく覚えてます。

その数年後にファンになって、コンサートまで行くんだよって教えてあげたいです。(笑)

 

「V6が好き」と言えなかった中学時代

ファンになってから、日に日にV6が好きになりました。

みんなかっこよくて素敵だから。

その時は家の事情で大阪に住んでいたのですが、友達に「V6が好き」と言うと「え、渋いなw」「坂本とかおっさんやん」「岡田君はイケメンやけどなー」と言われました。十中八九。その度、私は「うん、岡田くんが好きやねん。トニセンは好き違うよ」と言ってました。

ほんとに、昌行さん、なーのくん、よっちゃんには申し訳ないです。ごめんなさい。

あの頃の自分をぶん殴りたいです。

大好きな人を、胸張って「好き」と言わなきゃいけないのに。そんなんファンちゃうぞ、と。ちょっとタチ悪い嵐ファンの子がいて、その子がV6をバカにしてたんです。

悪口言って人を傷つけるような子で、それが嫌で、そんなこと言ってました。ごめんなさい。だからか分からないけど、私は嵐ファンが苦手です。みんながみんな、そうでは無い!とは思うんですけど、苦手です。ごめんなさい。

私が強くなかったから、「トニセンは好きじゃない」と言ったんです。

いまだに後悔してます。

 

それから、私は兵庫県に引っ越しました。これまた家の事情で。

転校先では、V6が好きだとあまり言いませんでした。言えませんでした。

転校する少し前からeighterだったので、「関ジャニが好きだ」と言ってました。丁度、ゴールデンが決まったりとブームになる直前の頃だったので、みんなからの反応も良かったんですよね。

でも、部活の友達や後輩には「V6が好き」と言ってました。

ある日、後輩に「V6って解散してなかったんですか?」と言われました。とてもショックでした。解散報道が何回も出てたし、知らない人からするとそう思うかもしれない。でも、V6は解散なんてしない。そんなすぐほつれる絆じゃない。勝手なこと言わんといて。

とても複雑な気持ちで「違うよ。V6は活動してるよ」と言いました。

ここで懇々と「V6は気色悪いぐらい、お互いのこと好きだから、解散したら生きてけないよ」くらい語れたら良かったなと思います。(笑)

 

そんなこんなで、V6をバカにされたり笑われたり、挙句の果てに勝手に解散させられてたのですが、あることで状況が変わります。

オカダ氏が図書館戦争に出たことです。

これは大きかった。友達にオカダ氏ファンが生まれました。

あくまで、"岡田ファン"ですけれど。その子は言いました。「岡田くんが好きやねん」と。

他のメンバーはあんまりってハッキリ言われて悲しかったなぁ。それならVクラと名乗らんでくれよ、と思いました。子供ですね(笑)

その子は、今もファンです。メンバーみんなを好きになったのかは、最近会わないから分かんないけど(笑)

 

高校に入ったら、V6ファンの友達が出来ました。

V6の事では無いですが、個人的に色々あって、物理的に距離を置くことになってしまいましたが。

これも私の弱さかなと思います。

ほんと、V6もジャニーズも関係無くて、純粋に受験の事で色々あっただけです。(純粋?(笑))

 

結論言うと、心から、何の気兼ねもなく、V6の話ができる友達が欲しいなぁと思います。

ジャニヲタじゃないけど、話を聞いてくれる友達はいるんですけどね!

もっと気持ち悪いヲタクの話をし合える人が欲しい…(笑)

ちなみに、V6のコンサートは親と行ってます。悲しい(笑)

 そんなお話でした。